MAINTENANCE BLOG

メンテナンスブログ

2/6 非常時のアレ

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

段々暖かくなってきたかな?という天気ですねー

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ピットは少しだけ過ごしやすくなってきたので作業が捗ります!

 

さて、今日のテーマですが普段使う機会がないけど、車検の度に

交換をしているアレ、、、そう「非常信号灯」

 

いわゆる「発煙筒」ですね、について書いていこうと思います。

 

車検見積もりの連絡を受けた際「期限切れだと車検に通らないので」

という案内を受けて交換するケースがほとんどかと思いますが、

「普段使わないし、期限が切れたらどうなるの?」という方も

いらっしゃると思いますので、そのご説明をしていきますね!

 

まず、発煙筒の期限の確認です。

ケースをくるくる回していくと、こういう記載があります↓↓↓

 

これが発煙筒の使用期限です。

写真の発煙筒も、このブログを書いている時点でまだ使用期限を

過ぎていませんが、入庫時から次回車検時までの間にこの期限を

過ぎてしまう場合、交換させて頂いています。

 

では、発煙筒の使用期限とはどういう基準のものなのか。

次はそれを使用方法と合わせてご説明しますね!

 

この発煙筒ですが、例えば事故を起こした際、高速道路や

見通しの悪いところで動けなくなってしまった場合に、

後続車両にそれを伝えるための目印として使用します。

なので使用される方はもちろん、実際手に取って見る方は

ほとんどいらっしゃらないのでしょうか?

 

では、中身がどういうものか、開けてみましょう!

 

ケースを引っ張ると、こんな感じです。

白いキャップが着火用の部品、その左が発煙筒の中身です。

使い方はマッチと同じで擦って着火し、煙と炎が出たら車の

少し後ろ、後続車が視認できる位置に置くだけ、簡単ですね!

 

この中身の部分が使用期限と関係していて、マッチも湿気ると

着火しにくくなったり、着火しなかったりしますよね。それと同じです。

マッチだとそこまで緊急性はないかと思いますが、発煙筒は非常用です。

いざ!という時に火が出なかったり、すぐ消えてしまうと二次災害を

引き起こすリスクに直結してしまいます、、、

そういったリスクを未然に回避する為に、使用期限を守る様に車検の際

ご案内させて頂いています!

 

 

あ、それと港北NTで交換している発煙筒ですが、機能がもう一つ!

 

ケース先端の黒いカバーを外すと鉄製の尖ったものが出てきます。

これなんだかお分かりですか??

 

この部分も非常時の際に使用するのですが、ガラスを割る為のものです。

 

事故の際、車両のドアが開かないなんて事態も想定されます。

そういう時、これでガラスを割って脱出する事が出来るので、

記憶の隅にこのブログを置いておいて頂けると幸いです!

 

普段使う事がないのに交換している部品、いかがでしたか?

少しでも疑問の解消に繋がると嬉しいです!

まぁ、使わない事が一番なので、皆様安全運転を宜しくお願いします。

僕たちメカニックもその安全運転をお手伝い出来る様、日々の整備で

皆様のお車をメンテナンスさせて頂きますので、、、

今後もVOLVO港北NTを宜しくお願いします!!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED https://kohoku-newtown.vc-tokyo.jp/kohokunewtown_service/feed?feed=rss
メンテナンスブログ
アーカイブ

ボルボ・カー 港北ニュータウン
ボルボ・カー・ジャパン株式会社
ボルボ・カー 港北ニュータウン
〒224-0025
神奈川県横浜市都筑区早渕3-21-21
TEL.045-593-1185
FAX.045-593-3955
営業時間 10:00 - 19:00
毎週水曜日定休
>>ショールーム案内はこちら

試乗体験談公開中!
特選中古車
ボルボ・カー東京 サービスのご案内
車検・点検のご予約
ボルボ・ムービーギャラリー
採用情報 ボルボ・カー・ジャパン株式会社
INTERNATIONAL SALES